「ポルシェ911」はなぜここまで人気があるのか?

「ポルシェ911」はなぜここまで人気があるのか?

「ポルシェ911」はなぜここまで人気があるのか?

ポルシェを代表するスポーツカー「ポルシェ911」。
ライト層からマニア層まで幅広い層から愛され、絶大な知名度も誇る車です。このポルシェ911はなぜここまで人気があるのでしょうか。
ここでは、そんなポルシェ911というクルマを改めて振り返ってみましょう。

ポルシェ911とは

ポルシェには、ボクスター、ケイマンなど現在いくつかのスポーツモデルが用意されていますが、その中でもフラグシップスポーツモデル、純スポーツモデルに値するハイエンドなモデルがこの「ポルシェ911」です。
走行性能、価格ともにポルシェのラインアップの中では最上級に位置します。
初代ポルシェ911(901型)は1964年に発売。以降モデルチェンジを重ね現在の最新モデル991型は7世代目となります。

 

RR駆動のスポーツカー

「RR駆動のスポーツカー」というのがポルシェ911の最大の特徴です。
スポーツカーというのはFRやMRが主力でありますが、その流れに反して頑なにRR駆動を採用しているのがこのポルシェ911。
またポルシェ911の場合、単にRR駆動を採用しているだけでなく、その駆動方式のメリットを最大限に活かし一級のスポーツカーの次元まで到達しています。
現在、世界の名高いスポーツカー達と張り合えるRR駆動車というのはこのポルシェ991以外にはまったく無いといっても過言ではないでしょう。

水平対抗エンジン

「ポルシェ911」はなぜここまで人気があるのか?

ポルシェ911のもう一つの大きな特徴が「水平対抗エンジン」です。
水平対抗エンジンとはピストンを水平にしたエンジンで、低重心かつ軽量の特性を持ちます。水平対抗エンジンを採用しているのは世界でもポルシェ911シリーズとスバル(富士重工)のスポーツモデルだけです。
ポルシェ911ではこの水平対抗エンジンの低重心とRR駆動のメカニズムを組み合わさることで、圧倒的なトラクションと加速性能、また独自の挙動を実現。
ほかのスポーツカーとは一線を画すポルシェ911ならではのドライビングを楽しむことができます。

ちなみに、4代目ポルシェ911(993型)までは”空冷エンジン”と呼ばれる水平対抗エンジンを搭載しています。
この空冷エンジンはピーキーながら独特のサウンド、吹け上がりが楽しめるため、空冷エンジンを積んだ古いポルシェ911も根強い人気を保っています。

個性的なデザイン

ポルシェ911のデザインは、スタイリッシュながらどこか愛くるしさ、女性らしさも感じられる個性的なデザインです。
デザインにおいても独自路線を歩んでおり、一目で「これはポルシェ911だ」と分かる特徴的な形状をしています。これもポルシェ911の魅力といえるでしょう。

性能の割にはリーズナブルな価格

ポルシェ911シリーズはポルシェのラインアップの中では最も高価で新車価格は1000万~1500万円が相場です(ベースモデル)。
高額ではありますが、倍以上の価格となるフェラーリ、ランボルギーニといったスーパーカー達に匹敵するポテンシャルを持ち、性能を考えれば比較的リーズナブルでコストバリューの高い車といえます。

RR駆動、水平対抗エンジンなど個性の強い要素が詰まったスポーツカー、それがポルシェ911です。
こういった個性と高い性能が相まって、多くの方から高い人気を獲得していると言えます。