【フェラーリ458イタリア】の「魅力」と「購入時」の検討点

【フェラーリ458イタリア】の「魅力」と「購入時」の検討点

【フェラーリ458イタリア】の「魅力」と「購入時」の検討点


フェラーリラインアップの中でも一際美しいスタイリングを纏う「458イタリア」。
現行フェラーリの看板モデルとも言える車で、登場以来高い人気を誇るスーパーカーです。

この車の魅力、また購入する上で検討したいポイントをご紹介していきます。

輸入車の買取のゴーランドカンパニー
http://www.yunyuusha.com/

フェラーリ458イタリアとは?

フェラーリ458イタリアとは?


フェラーリ458イタリア」はフェラーリが2009年より販売しているスーパーカー

フェラーリはV12型FRシリーズの「F12ベルリネッタ」、V8型FRオープンの「カルフォルニア」など系統がいくつかあります。
そしてこの458イタリアは、フェラーリの王道であるV8型エンジン+ミッドシップレイアウト系統の新型モデルとなります。

なお「458」の名称は、搭載される4.5リッターV型8気筒エンジンの「458」と、デザインや品質の高さを誇り祖国の「イタリア」の名を掲げ、この2つを混ぜた形となります。

高額査定がウリ! 輸入車買取のゴーランドカンパニー
http://www.yunyuusha.com/

洗礼された走りとデザイン

洗礼された走りとデザイン

この458イタリアの魅力はまず走りです。
V8ミッドシップというスポーツ走行に最適のレイアウトを組み、また大幅なボディ剛性の向上&メカニズムの最新化を施しています。

特にボディ剛性については、ボディ・シャーシ・エンジン・サスペンションアームなどをオールアルミ構造にしたことにより格段に向上。
また車重も1380kgまで軽量化されています。

結果、ポテンシャルの高かった先代F430をも軽々と上回る高い次元の走りが可能な車となりました。
パワーについては「F12ベルリネッタ」「フェラーリFF」といったモデルには劣りますが、
走りという点ではフェラーリ随一のポテンシャルを持つ車と言えるでしょう。
(特別モデルは除く)

また曲線美輝くスタイリッシュなデザインもこの車の魅力の一つ。
458イタリアは現行フェラーリの中でも特にデザインにも注力されて開発されたモデルであり、また単に美しいだけでなく空力面も徹底的に見直されたデザインとなっています。

新しい車を買う、その前に! 輸入車買取ゴーランドカンパニー
http://www.yunyuusha.com/

価格は比較的安い

高いポテンシャルを持つ458イタリアでありますが、現行のフェラーリラインアップの中では価格が安く設定されているのも魅力の一つです。
458イタリアの新車価格は約2900万円。

他モデルは以下の様な価格水準となります。
カルフォルニア…約2450万円
458スパイダー…約3150万円
フェラーリFF…約3290万円
F12ベルリネッタ…約3730万円
ラ・フェラーリ(特別モデル)…約1億6000万円

カルフォルニアよりは高くなりますが、このスペックでこの価格ですので価格バリューの高いフェラーリと言えそうです。

新しい車を買う、その前に! 輸入車買取ゴーランドカンパニー
http://www.yunyuusha.com/

維持費用は別に用意

458イタリアを含む最新のフェラーリは、以前と比べ故障やメンテナンス頻度というのは大分改善されてきています。
とはいうもののスーパーカーですので一般的な乗用車に比べると故障メンテナンスの頻度が高いのは事実です。

またパーツ代も高く、ちょっとした修理やメンテナンスでも数十万円、数百万円の費用が発生することがあります。
したがって458イタリアを購入する場合は、車両費用とは別に数百万円(300万円前後)の維持費用常に用意しておく事が推奨されています。

458イタリアの魅力と購入時の検討点としてはこの様な事があげられます。
458イタリアは優れたクルマではありますがやはり高額ですので、それに見合うだけの関心や資金力を持つ限られた方がオーナーとなってきます。
本当にこの車に関心があるか、費用は問題ないかを考慮した上で購入に進むのが良いかと思います。

高額査定がウリ! 輸入車買取のゴーランドカンパニー
http://www.yunyuusha.com/

価格

SUVはコンパクトやセダンなどと比べても価格が一回り高くなります

例えばアウディのコンパクトモデル「アウディ・A3」は新車価格320万円程度からですが、A3をベースにクロスオーバーSUV化した「アウディ・Q3」では380万円程度からとなります。
輸入車の大型SUVであれば500万円、1000万円超えるモデルも多数存在します。

また輸入車SUVでは車重が重い、タイヤの太い車種も多く維持費もかさんできますので、費用については十分注意して選びたいところです。
こういったポイントと自分の価値観を照らし合わせながら選ぶのがよいでしょう。