窓もルーフもない本格派、新型フェラーリ「モンツァ」

窓もルーフもない本格派、新型フェラーリ「モンツァ」

窓もルーフもない本格派、新型フェラーリ「モンツァ」

2018年9月18日にフェラーリが発表した新型モデル「モンツァ」。
ウィンドウ(窓)もルーフも装着しない驚きの新型となります。
フェラーリの「モンツァ」の特徴やポテンシャルについて解説していきます。

───────────────────────────────

フェラーリの買取・査定なら、輸入車専門のゴーランドカンパニーへ
https://www.yunyuusha.com/ferrari/
〜フェラーリは買取特別強化中!〜

───────────────────────────────

フェラーリ「モンツァ」とは

「モンツァ」は、2018年9月18日に発表したフェラーリの新型モデル。
見た目は、50年代における往年のフェラーリレーシングカーをモチーフとした造形になっており、ウィンドウ、ルーフを撤廃し頭上ががら空きになっているのが大きな特徴。
オープンカーともまた違った路線であり、50年代のレーシングカーに近い本格派なコンセプトとなっています。
フェラーリとしては新セグメントとなる「Icona(イーコナ)」の初モデルにも該当する車。

モンツァの名前は、「750モンツァ」や「850モンツァ」の往年フェラーリから。
販売数はなんと限定2台。
フェラーリ史上類のない少数販売となっています。

───────────────────────────────

フェラーリの買取・査定なら、輸入車専門のゴーランドカンパニーへ
https://www.yunyuusha.com/ferrari/
〜フェラーリは買取特別強化中!〜

───────────────────────────────

モンツァSP1とモンツァSP2

フェラーリのモンツァには、「モンツァSP1」、「モンツァSP2」の2つのバリエーションが用意されています。

モンツァSP1は、乗車定員が一名。
運転席がセンターよりに配置されており、実用性無視の純レーシングカースタイルとして造られています。
モンツァSP2は、乗車定員が2名。
こちらは通常の市販フェラーリのように運転席が左に寄せられ、左右に一名ずつ乗車できる仕様。
またモンツァSP2では、セカンド・ウインド・プロテクターとロールバーを追加。

モンツァSP2の方がやや実用性はあるものの、ウィンドウ・ルーフがないことには変わりありません。

───────────────────────────────

フェラーリの買取・査定なら、輸入車専門のゴーランドカンパニーへ
https://www.yunyuusha.com/ferrari/
〜フェラーリは買取特別強化中!〜

───────────────────────────────

圧倒的なパフォーマンス

フェラーリのモンツァには、マラネッロ至上最高のエンジンとなる、6.5リッターV12エンジンを搭載。発揮されるパワーは、最高馬力810PS、最大トルク718Nmに及びます。

また全身にカーボンファイバーを多用し軽量化を徹底。V12エンジンながら、モンツァSP1では車両重量1500kg、SP2では車両重量1520kgと軽い車体を実現。
圧倒的なパワーウィエトレシオを誇り、0-100km/h加速は2.9秒、最高速度は300km/hオーバーとアナウンスされています。

運動性は、スポーツカーと言うよりも純レーシングカーに近いものに仕上がっているようで、本格的なレーシングドライブが体感できるフェラーリとのこと。

───────────────────────────────

フェラーリの買取・査定なら、輸入車専門のゴーランドカンパニーへ
https://www.yunyuusha.com/ferrari/
〜フェラーリは買取特別強化中!〜

───────────────────────────────

特定のお客様向けのフェラーリ

特定のお客様向けのフェラーリ

モンツァは、一応は市販される形になりますが、販売台数はわずか2台、ウィンドウやルーフもない実用性皆無のモデル。
ごく限られた一部のフェラーリコレクター向けに製造されたモデルとのことで、一般的に購入できるモデルではないようです。

選ばれた真のフェラーリファンの元へ届く形になるのでしょうか。

───────────────────────────────

フェラーリの買取・査定なら、輸入車専門のゴーランドカンパニーへ
https://www.yunyuusha.com/ferrari/
〜フェラーリは買取特別強化中!〜

───────────────────────────────

すべての点において特別なフェラーリ

以上、新型フェラーリ「モンツァ」についてとなります。
コンセプト、造形、ポテンシャル、販売台数、どれにおいても特別であり、フェラーリの新たな挑戦が詰まった一台と言えそうです。