輸入車市場で探したい「ルパン三世」愛用の車

輸入車市場で探したい「ルパン三世」愛用の車

輸入車に興味がある方の中には「ルパン三世」に憧れたという人も多いのではないでしょうか。

現在も人気が高く、実写映画まで公開されたルパン三世。

中古車ならば手に入れることも可能ですので、当時憧れたルパンの車を購入してみてはいかがでしょうか。

今回はルパンが乗っていた歴代の車種を紹介していきます。輸入車の買取ならゴーランドカンパニーへ!

http://www.yunyuusha.com/


メルセデス・ベンツSSK

言わずと知れた高級車で、輸入車買取市場でも高い人気を誇る「メルセデス・ベンツSSK」

1920年代に市販車として販売が開始されました。

ルパン三世ではTV第1シリーズ時のルパンの愛車として
登場。

最高時速192キロという性能を持っているのですが、ルパンはさらにフェラーリのV型12気筒エンジンを搭載させ、最高時速300キロを超える車に改造しています。

作中のボディカラーは黄色・黒のツートンである場合がほとんど。

劇場版の『ルパンVS複製人間』では黄色と赤の2色で描かれています。

輸入車の購入・買取はゴーランドカンパニーにお任せ下さい!

http://www.yunyuusha.com/


フィアット500

イタリアの自動車会社フィアットが製造・販売した
自動車。

1936年に発表された初代モデルは2人乗りの超小型車。

ルパンが愛用していたのは1957年に発売が開始された「NUOVA 500」

初代500とは異なるコンセプトで新規設計された車種で、チンクェチェントと呼称されています。

『カリオストロの城』では500Fのバニライエローを使用。

現在では実写映画公開記念としてルパン三世とフィアットがコラボするキャンペーンが行われているほど、
ルパンとフィアットは関係性が深いと言えるでしょう。

新しい車を買う、その前に! 輸入車買取のゴーランドカンパニー

http://www.yunyuusha.com/


アルファロメオ・グランスポルト・クアトロルオーテ

ルパン三世TV第2シリーズに登場した「アルファロメオ・グランスポルト・クアトロルオーテ」CM前後にルパンが車に飛び乗って転げ落ちるアイキャッチで使用されているのが、
ベンツのSSKかグランスポルトではないかと
言われています。

映像の一部ではアルファロメオのエンブレムが確認できるようです。

グランスポルトの生産台数は総計で92台、そのうち6台が日本へ正規輸入されています。

高額査定がウリ! 輸入車買取のゴーランドカンパニー

http://www.yunyuusha.com/


ミニクーパー

TV第1シリーズの最終回や『ルパンVS複製人間』の
カーチェイスでも使われていた「ミニクーパー」

不二子や次元の愛車でもあり、ルパン三世に登場する
シーンは多いと言えるでしょう。

ミニクーパーはイギリスのブリティッシュ・モーター・コーポレーションが発売した大衆車「ミニ」のモデルの1つ。

現在ミニの権利はBMWにあります。

今回紹介させていただいたのはほんの一部。

他にもアルファロメオベンツのモデルが異なるもの、ランドローバー、フェラーリランボルギーニフォルクスワーゲン、ジープなどもアニメシリーズに登場しています。

ルパンが乗っていた車は古いものが多く、現在手に入るものはあまり多くありませんが、大泥棒が愛した車を
中古輸入車市場で探してみる
のも面白いのではないでしょうか。