ベビーランボルギーニ「ガヤルド」の魅力に迫る

ベビーランボルギーニ「ガヤルド」の魅力に迫る

ベビーランボルギーニ「ガヤルド」の魅力に迫る

ベビーランボルギーニと呼ばれるランボルー二・ガヤルド
小型ながらスタイリッシュなデザイン、高い走行性を兼ね揃えたこのモデルは、ランボルギーニ新時代を感じされる一台となりました。
今尚高い人気を持つ、この「ガヤルド」の魅力をご紹介していきます。

輸入車の買取のゴーランドカンパニー
http://www.yunyuusha.com/

1.ランボルギーニ・ガヤルドとは

ランボルギーニというと、ミウラカウンタックディアボロムルシエラゴといった車種が有名ですが、こららはV12エンジン+MR駆動のフラグシップシリーズとなります。
対してシルエットジャルパなどV8/V10エンジン+MR駆動を組む準フラグシップシリーズもかつてから用意されてきました。
このシリーズは「ベビーランボルギーニ」と呼ばれ、低価格ながらランボルギーニの魅力を味わえるシリーズとして愛されてきた経緯を持ちます。

そしてこのベビーランボルギーニの新世代として2003年に発売されたのがこのランボルギーニ・ガヤルド
ランボルギーニとしては低価格ながら、かつてないほど完成されたこのモデルは、ベビーランボルギーニの魅力を一躍世界に広めました。

高額査定がウリ! 輸入車買取のゴーランドカンパニー
http://www.yunyuusha.com/

2.最先端を走るデザイン

ガヤルドのデザインを担当したのは、ディボロやムルシエラゴのデザインにも携わったベルギー人デザイナーのルク・ドンカーヴォルケ。
かつてからランボルギーニは、近未来的なデザインを取り入れるメーカーでしたがこのガヤルドでは更にそれが顕著に。
2003年当初では考えられないほど近未来的なデザインとなっており、最新のスポーツカーと見比べてもそのデザインに古さは感じられません。
ガヤルドのデザインは、後々のアヴェンタドール、ウラカンにも継承されており、ランボルギーニの新世代を決定づけたデザインともなっています。

新しい車を買う、その前に! 輸入車買取のゴーランドカンパニー
http://www.yunyuusha.com/

3.怒涛のパフォーマンスを誇るV10エンジン

ベビーランボルギーニ「ガヤルド」の魅力に迫る

ガヤルドに搭載される5.2リッターV10エンジンは、最高出力560ps、最大トルク55.1kg・mを発揮。
加えてアルミ素材の多様により重量は1420kgまで抑えられているため、0-100加速約3.7秒、最高速度325km/hと圧倒的なパフォーマンス体感出来ます。
スペック的にはかつてのカウンタックやディアボロをも凌ぎ、ベイビーという言葉がかすれる一級スーパーカーとなっています。

乗り換えるなら輸入車高額買取のゴーランドカンパニー
http://www.yunyuusha.com/

4.ミッドシップ4WDの採用

ガヤルドはパワーが大きい事もあり、かつてのランボルギーニ車種の様に後輪駆動ミッドシップではなく、4WD駆動ミッドシップを採用しています。
加えて「走る精密機器」と呼ばれるほどの最新の電子技術を身に纏い、電子制御で走行をアシストします。
これにより圧倒的なトラクションと走り易さを実現しました。
ガヤルド以前のランボルギーニは荒々しい走りが特徴的でしたが、このガヤルドからパワーが高いながら扱い易いランボルギーニに生まれ変わったのです。

輸入車買取のゴーランドカンパニー
http://www.yunyuusha.com/

5.ガヤルドの価格

ガヤルドの発売当時の新車価格は2100万円~2500万円程度が平均です。(最高モデルのLP570-4 スーパーレジェーラで2900万円)
フラグシップとなるムルシエラゴアヴェンタドールよりは一回り安くなりますが、やはりスーパーカーという事もあり一般的な乗用車と比べると高額です。

ガヤルドはベイビーランボルギーニと呼ばれながらも、当時の最新技術を惜しみなく投入し作られたランボルギーニとしては意味の大きいモデルです。
今現在でもそのデザイン、スペックは色褪せる事なく根強い人気を保っています。今後もランボルギーニの名車の一つとして扱われていくモデルでしょう。