【2つの跳ね馬】ポルシェとフェラーリのエンブレム

【2つの跳ね馬】ポルシェとフェラーリのエンブレム

【2つの跳ね馬】ポルシェとフェラーリのエンブレム

世界的にも名高いスーパーカーメーカー「ポルシェ」と「フェラーリ」。
輸入車の中でも特に人気が高く、買取価格にも期待ができます。

ご存知の方もいるかとは思いますが、この2つのメーカーのエンブレムはどちらも「跳ね馬」を模したものとなっています。

なぜここまで有名なポルシェフェラーリが同じようなエンブレムを使っているかの経緯をご紹介していきます。

輸入車買取のゴーランドカンパニー
http://www.yunyuusha.com/

ポルシェエンブレムの由来

【2つの跳ね馬】ポルシェとフェラーリのエンブレム

ポルシェはドイツ発の高級スポーツカー・スーパーカーメーカー。
創業の地であるドイツ・シュトゥットガルト市の紋章がこの跳ね馬であったため、創業者のフェルディナンド・ポルシェ博士がこの紋章をエンブレムに採用しました。

なおエンブレム左上と右下に描かれたギザギザした刃の様なマークは、シュトゥットガルト市が属するバーデン=ヴュルテンベルク州の紋章に描かれた鹿の角をモチーフにしたもの。
また赤い横線は“知”を意味し、外枠を金色で囲んでいるのは“麦の豊穣”を表したものとなっています。

この様にポルシェのエンブレムは、創業の地で扱われていた紋章や、知や豊穣といったメーカーが
掲げるスピリッツ
を意味したものとなっています。

新しい車を買う、その前に! 輸入車買取のゴーランドカンパニー
http://www.yunyuusha.com/


フェラーリエンブレムの由来。

【2つの跳ね馬】ポルシェとフェラーリのエンブレム

フェラーリはイタリア発の高級スーパーカーメーカー。
フェラーリのエンブレムにも中央に堂々とした跳ね馬が描かれています。

この経緯は遡る事、1910年代。
第一次世界大戦中、英雄と崇められたイタリアの伝説のパイロット「フランチェスコ・バラッカ」がこの跳ね馬のエンブレムを自身が操縦する戦闘機に掲げていました。
理由としては、敵軍の戦闘機が掲げていたエンブレムを戦利品として自分の戦闘機に貼るという大戦中の文化が背景にあった様です。

フランチェスコ・バラッカが撃退したドイツの戦闘機が故郷のシュトゥットガルト市の
紋章を掲げていた
ためこれを勲章として奪い取り自身の戦闘機に掲げていました。

その後フランチェスコ・バラッカの両親から、フェラーリの創業者であるエンツォ・フェラーリに
このエンブレムが贈呈されます。
以後フェラーリの看板エンブレムとして使われる様になりした。
なお跳ね馬の上にある緑・白・赤の3本ラインイタリアの国旗をモチーフにしたもの。

輸入車の買取ならゴーランドカンパニーへ!
http://www.yunyuusha.com/


エンブレムの根源だけは同じ

この様にこの跳ね馬マークはどちらもドイツ・シュトゥットガルト市の紋章が根源となっていますが、エンブレムを掲げる事になった経緯は全く異なります。
メーカーとしてもそれぞれ別の視点から高性能なスーパーカーを目指しており、直接この2メーカーに提携関係などはありません。
今後もエンブレムは似ていますが方向性の違う跳ね馬としてそれぞれで業界を盛り上げていくことでしょう。

ポルシェフェラーリのエンブレムにはこの様な経緯があります。
良きライバルでもあるこの2つのメーカーがこういった経緯を持っているのも何かの巡り合わせなのかもしれません。

高額査定がウリ! 輸入車買取のゴーランドカンパニー
http://www.yunyuusha.com/